入れない資格

人気記事ランキング

ホーム > 小さな旅 > 小さな旅のこと

小さな旅のこと

今日は久しぶりに自転車で街に出てみた。 平日ということもあって、街には書類バッグをかかえたビジネスマンやOLがたくさん歩いていた。 ぼくは自転車にサイクルウエア、リュックといった格好にちょっと罪悪感を覚えながら、丸の内のオフィス外を抜けていく。 磨き上げられたビルのガラスに映る青空がまぶしいなんて、仕事の時には思いもしなかった。いつもの街が少しだけキラキラして見えた。 ぼくはさわやかな春の日差しを背に受けながら、自転車を銀座方面に走らせる。雑踏。排気ガス。街宣車の音。バスの扉の開閉音。さまざまなものに紛れながらぼくの自転車は海に目指すことに決めた。 町並みは次第にオフィスビルから倉庫が増える。 都心ではスピードを落としていた自動車も、海が近づくにつれてスピードが速くなっている。 海だ。 潮風が気持ちいい。高速から何度も見ている景色なのに今日は違う。 自分に余裕がなくなってたんだな・・・ ふとそんな言葉が頭の中によぎった。 いつもの景色、いつもの仕事、いつもの人間関係に自分で新しい風を送ってみよう。 今日の小さな旅は、ぼくが明日を迎えるための大事な旅になった。 さあ、帰ろう。 何だか帰りの景色も違って見える。足取りも軽い。 明日も頑張ろう、とぼくはペダルを片足ずつ、力を入れてこぎ出した。

http://sesaminkutikomi.com/