入れない資格

人気記事ランキング

ホーム > 糖尿病 > 食物繊維を上手に摂取して血糖値を上げない工夫

食物繊維を上手に摂取して血糖値を上げない工夫

血糖値を調節するのに良いと言われているのは食物繊維です。食べ物の中の糖は胃腸器官で消化吸収されて血液へと入っていきます。食物繊維が糖にまとわりついて吸収するのに時間がかかり、便と共に糖を体外へ放出するサポート的な役割を担うため、血糖値の上昇を防止できます。

 

 

 

糖尿病は昔から遺伝すると聞きますが、他にも理由があります。日々の生活習慣が糖尿病になりやすくなるという実例も多くあります。悪い例として、濃い味付けが好きな人は、同じメニューであってもカロリー過剰になりやすい傾向にあります。

 

 

 

毎日の食習慣が問題になります。

適当に食事の量を減らしさえすればいいという簡単な話ではありません。

 

 

1日の活動に見合ったエネルギーは体の大きさや活動する量によって人それぞれまちまちです。

 

ゆえに、まず自分に必要なエネルギー量を合計してみて3食分の食事が自分にとって最適なエネルギーよりも取り過ぎていないかをを確認する必要があります。

 

 

 

インスリンは胃の後方にある臓器の膵臓から分泌されるホルモンで、糖をエネルギーに切替て細胞に取り入れる作用があります。食後は食物から吸収された糖が血液の中で全身をめぐるため瞬間的に血糖値は上がりますが、健康でインスリンが正常に働けば糖は細胞内に吸い込まれて血糖値は少しずつ調度いい値に戻ります。

 

小さめの器に料理を盛り付けると、少量であっても満足感を得られやすくなります。

しかし、お皿が大きいものに盛りつけた場合には、食品の量を増やさないと満足できなくなるので器選びを工夫してみましょう。

 

 

肉や魚などを調理する際は、できるだけ油の使用量を減らしましょう。

 

茹でたり、グリルを使ったり、ふかし器で蒸す料理法にチェンジしてみるのが良いでしょう。

 

 

下肢に現れる代表的な合併症は、血流が悪くなり、体の神経が鈍る糖尿病神経障害というものです。

 

糖尿病神経障害が起こると足に痺れ、違和感を覚えたり、ふくらはぎの痙攣、ほてりといった症状が出てくるようになります。また、足の感覚は鈍くなってしまうので、足の怪我をしやすくなったり、足がつる場面が多くなるようです。

 

 

脂肪肝が恐ろしいとされているのは、狭心症や心筋梗塞などの心臓病、また脳梗塞などの血管系の疾病を招くことがあるからです。脂肪肝になるのは、運動不足やカロリーの過剰摂取です。カロリーを消費しきれない状態が続くと中性脂肪やコレステロールは肝臓に蓄積されます。特に30代~40代の人で脂肪肝が増えており、過去10年間で2倍以上の増加がみられます。

 

 

 

そのまま何もせずにいると症状は進んでしまい、目に合併症が起きる可能性もあります。

 

 

 

目の合併症で多く見られるのは糖尿病網膜症というもので、これといった症状が初期には現れず気付くことが難しいという特徴があます。ですが症状が進むことで物の形がいびつに見えたり、ゴミのようなものが見えたり、視力低下など、最悪の場合には失明してしまう危険があります。糖尿病はオリゴ糖効果で楽になる