入れない資格

人気記事ランキング

ホーム > 糖尿病 > 糖尿病になったら気をつけたい食べ方のポイント

糖尿病になったら気をつけたい食べ方のポイント

糖尿病を食事でコントロールするには、1日3食の食事の取り方がとても大切です。

 

1回の食事で大量に食べてしまうと、血糖値は急激に高くなってしまいます。

日本人の標準的な食生活は朝食は少な目で夕食が多くなりがちです。朝は早めに起きて、時間をかけてしっかりと朝食を食べることは糖尿病予防にもなります。

 

糖尿病は初期の段階では、自覚症状が殆どなく目立った症状は現れないのが特徴です。

 

 

多くの人はストレスや仕事による疲労によるものと受け止めてしまい、すぐには糖尿病が原因だとは考えません。

 

それで糖尿病の発見が遅れてしまい、合併症が徐々に進行し、症状が重くなって初めて気付いたというケースも決して少なくありません。その殆どで自覚症状がみられず発見が遅くなることもあります。疲れやすい・食欲が落ちるなどの症状を感じるケースもありますが、自分で見抜くことは簡単ではありません。何かおかしいなと気付いたら診療機関の内科へ行き、健康診断を受けると血液検査をしてもらえるので、判別は難しくありません。

 

 

 

血液検査の数値をもとに医師が診断をしてくれます。

糖尿病腎症は腎臓で尿を作ることが難しくなり、人工透析を行わないと不要物や老廃物を体外に自力で排出できないことで、寿命を縮めることになってしまいます。

そのため、糖尿病腎症になった際には、週に約3回医療機関で人工透析を受けるという生活を続けることが強いられるので、大きな負担が日常生活に発生することになります。

 

若いころはよく動き、エネルギーの消費量も多いため高カロリーのものをいつも食べていたとしても消費が可能です。

 

けれども食の好みは幾年月経っても変わらないことが多いため中年にさしかかっても同じ様に変わらずに食べていると、肥満から糖尿病へと発展することもあります。糖尿病は遺伝と関連していると聞きますが、他にも理由があります。

後天的に今日までの生活習慣が将来、糖尿病になりやすいかどうかが決まるという例が多いです。わかりやすく言うと濃い味を好んで食べていると、同じ分量でもどうしても摂取エネルギーが多くなってしまいます。

この食習慣を毎日続けることが問題になります。

糖尿病の発症は、体の必要以上に過剰な食事量を取り続けたために体が対応できなり病気として現れたということです。

 

したがって糖尿病を克服するには、今までの悪しき食生活を改善し、日々の食習慣を正しくしなければいけません。全体の栄養バランスを気に掛けるは最低限必要ですが摂取カロリーを確認することも必要です。

適当に食事の量を減らしさえすればいいという楽な解決法ではありません。オリゴ糖 血糖値 糖質制限

 

1日の活動に合わせたエネルギーの量は体格や活動量によってによって人それぞれ異なります。

すなわち、自分に合った総エネルギー量を計算して一日の食事量が自分自身の最適なエネルギー量をを理解している必要があります。

 

 

治療の方法の一つであるインスリン注射は膵臓が損傷することで、インスリンが正しく分泌されなくなり、外部から補い血糖値のコントロールを目的としています。

 

 

 

ですが血糖が改善されることで、膵臓がインスリンを作りやすくなるので、注射する回数や量を減らすことができたり、のみ薬だけの治療も視野に入ってくることもあります。まめに動いて毎日を過ごすことは糖尿病を予防・改善することに有効です。

10分間だけでも体を動かすようにして運動しましょう。

 

たった10分という短い時間とはいえ、1日で合計すした場合意外な時間になります。他にもエレベーターは使わないで階段で行く、車は最寄りの駐車場より離れた駐車場に停めて、できるだけ徒歩で行くようにすると成果が出ます。