入れない資格

人気記事ランキング

ホーム > 注目 > 非常用非常用エレベーターの設置基準

非常用非常用エレベーターの設置基準

非常用エレベーターとは、避難するためのエレベーターという意味ではなく、火災などが起こったときに消火活動や救助活動をするために使用する目的として設置されています。

 

設置基準として、高さ31メートルをこえる建築物には設置することが法律で定められています。

 

エレベーターの故障と修理

 

低い建物の場合は、はしごなどを使って消火活動や避難活動を行うことができますが、高さが31メートルをこえる建築物の場合ははしごなどでは活動が不可能だと考えられています。

 

また、設置台数としては床面積が1500平方メートル以下の場合は1基、1500平方メートル以上の床面積がある場合は3000平方メートルごとに一基ずつ非常用エレベーターが設置するように定められています。